目前日期文章:201202 (2)

瀏覽方式: 標題列表 簡短摘要
ASIAN REALISM
亞洲四國聯展系列-日本站 


3/8 Wed-28 Tue
「21世紀はアジアの時代」と言われて久しいのですが、この10年で、東アジア内の経済的、文化的結び付きは益々強くなりました。アートマーケットも例外ではありません。東アジア内の主要都市は経済的成長を背景に、独自のアートを発信するようになり、東京・ソウル・台北・香港・上海・北京・シンガポールなどの各都市でアートフェアやアジア作家を紹介する美術展が多く開催され、ますますアートのグローバル化が進んでいます。もはや国境は意味をなしていないという印象すら受けます。今展アジアンリアリズムでは日本、台湾、韓国、中国の現在活躍中の作家たち5人を集め、東アジアの“今”のアートを紹介します。
螢幕快照 2012-02-28 下午3.42.00  

文章標籤

gean2000 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

這幾天工作太累,昨天畫著畫著脖子忽然往左一扭,就忽然明顯感受到落枕的錯覺
 等到我意識過來,真的落枕了,雖然我的頭並不是在枕頭上落下的,在語義上並不恰當。
不過細糾『落枕』二字,本來就隱含矛盾,落枕痛的是脖子,可是落下的卻是枕頭,
同樣是落,落屎就精準多了。
落字做動詞,屎做名詞或主詞,一個主詞牽引著動詞的動作,精確無誤。

文章標籤

gean2000 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(3) 人氣()

找更多相關文章與討論